借り入れの限度額

家の模型を持つ人

現金が必要な人は、数百万円単位の現金を集めなければいけない時があります。この時に一般の申し込みを行なうと、銀行や消費者金融では、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。そのため、調達金額に達していない時は、不動産担保ローンを通すようにしましょう。不動産担保ローンでは、金融機関から年収の3分の1以上の現金融資を受けることができるのです。高額の融資が受けられる不動産担保ローンは、担保価値の7割程度を借り入れすることが可能となっています。例えば、担保価値が1000万円の家であれば、700万円までの借り入れをすることができるようになるのです。ただし、借り入れの最高額は、1億円までとなっていることを理解しておくようにしましょう。ですから、限度内であれば担保価格が高ければ高いほど、高額な融資を行なってもらうことができます。

一般の融資を行なってもらう時は、銀行では、14%となっていて、消費者金融では、18%となっているのです。しかし、不動産担保ローンであれば、最高金利は10%で抑えることができます。その理由としては、高額な借り入れを長期的に行なうためです。ただし、返済額に関しては、各金融機関との話し合いになります。返済方法に関しては、固定金利や変動金利などがあります。その場の金利だけを考えるのでなく、長期的な借り入れを行なうことを理解しておくようにしましょう。また、返済が遅れてしまったり、支払いができなくなってしまったりすると、担保を金融機関に取られてしまう可能性があるので、よく考えて融資額を選ぶようにしましょう。